「コミュニケーション」をテーマに、ワークを通して入社後1年研修を行いました!

6/14(金)の終業後、昨年度入社の方を対象に、「フォローアップ入社後1年研修」を実施し、約70名が参加致しました。

今回講師を務めたのは、VMS推進本部 人材開発G 育成支援T所属の佐藤 尚子看護師です。

■本日の内容■
①アイスブレイク
②ワーク
③ワークの振返り
④意見交換
➄まとめ

まずはワークを始める前にお互いのことを知る為にアイスブレイクを行い4人1組になって自己紹介をしました。初対面の方同士で最初は緊張している様子が見受けられましたが、次第に話が盛り上がって良い雰囲気になりました。佐藤看護師は「初対面の方への自己紹介というのは、訪問の場合でも相手と信頼関係を築ける大切なコミュニケーションツールである」と仰っておりました。

次に、今回のメインであるワークを実施しました。内容は片方の持っている紙に印刷されている絵柄を対面にいる相手に伝えて描いてもらうという一種のゲームのようなのものです。相手に自分の見えている絵柄を正しく伝えているつもりでも、実際にお互い見せて答え合わせをした時には上手く伝わっていなかったグループが多く見受けられました。

ワークが終わった後で、どうすれば相手に上手く伝えることが出来たのか?という振返りを行いました。振返りを行う中で「図形の配置やサイズが何cmか等、客観的に分かるように伝えればよかった」という意見がありました。今回のワークで相手に上手く伝わらなかった原因に気付くことで、日々のコミュニケーションでもより相手への気遣いが出来るはずです。


最後に、佐藤看護師は「その訪問はお客様とって為になっているのか?専門用語を使っていたり、適切な口調や言葉の使い方をしていますか?」と参加者に問い掛けました。入社後1年という今回のタイミングでコミュニケーションの奥深さに気付く大変意義のある研修になったのではないでしょうか?
今回の研修で学んだ内容を、是非今後も活かしてもらえばと思います。

これからもスタッフ一同自己研鑽を重ね、日々ケアをさせて頂いているお客様とご家族様、そして地域の皆様の、生きがいの創造に寄与して参ります!!

◆イベント案内
 http://www.hokan-e-parlor.com/events/
 
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
 育成支援チーム:西郷、篠木
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/
   
◆訪問看護エデュケーションパーラー
 訪問看護に関わるスタッフの
 教育・研修に特化したWEBサイト。
 訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します
 HP:http://www.hokan-e-parlor.com
 FB:https://www.facebook.com/educationparlor