平成29年度 第10回ソフィアメディセミナー『栄養管理』

開催日:2月17日(土) 9:30~12:00
講師:田村 佳奈美 先生 (かとう内科クリニック 管理栄養士)



 この度も研修へのご参加ありがとうございました!今回は「栄養管理」ということもあり、STさんや栄養士さんの参加も多く、田村佳奈美先生も皆様の向上心の高さに非常に驚かれていらっしゃいました。

  訪問に行くと、明らかに低栄養やAt riskのお客様が多いにもかかわらず、なかなか栄養について踏み込んだアドバイスもできず、私も悩むことが多いテーマであったため、特に「ちょい足し栄養アップ術」などは興味深く、大変勉強になりました。

 田村先生は、もともと病院で管理栄養士として勤務されていましたが、東日本大震災をきっかけに、活動の拠点を在宅に移されたそうです。

 現在は福島学院大学短期大学部で講義をされる他、クリニックにも勤務され、在宅訪問栄養相談の実施や、地域での料理教室やセミナーの開催など幅広く活動されています。

 その中で、管理栄養士ならではの栄養アップ術や缶詰やコンビニ食材などを利用した栄養を考えた簡単調理術などを編み出されて行かれたそうで、研修の中でも、実際にできそうなメニューのレシピをいくつかご紹介していただきました!

 私たちの食事を作る際にも取り入れたい技が盛りだくさんでしたよ。
(カロリーの取り過ぎには要注意ですが(笑))


(今回のポイント)
*高齢者は、消化吸収能力、代謝機能が低下しているため、「栄養負のスパイラル」
 から抜け出せず、寝たきりへ移行し易い
*高齢者の栄養アセスメントツール「MNA-SF」の活用方法について
*飲み込みやすい食事は摂取カロリーや栄養素も減ってしまうということを
 忘れずに              
 例  ご飯202kcal→おかゆ85kcalへ(120gの場合)
*食事全体量を増やさなくても、ちょい足しでエネルギー、たんぱく質、鉄分、
 亜鉛などをアップさせる方法がある


(今回の研修を受けて)
 在宅療養患者の高齢者の栄養状態の調査では、7割の方が低栄養およびAt riskであるということが分かっています。

 つまり、私たちが日々訪問しているお客様ほとんどの方に栄養への介入が必要ということになります。今回の研修で学んだことをしっかりと活かしてきたいですね。



 なお、講義の中でご紹介いただいたレシピについては、後日、お客様にもお配り頂けるよう編集し、訪問看護エデュケーションパーラー内の『お役立ちツール』にて配信する予定です。ぜひご活用ください♪

 田村先生、資料配信について快く承諾してくださり、誠にありがとうございます。先生から学ばせて頂いたことをお客様に還元し、1人でも多くのお客様が楽しく、美味しく、活き生きと笑顔で暮らせるようこれからも精進してまいりたいと思います!


訪問看護エデュケーションパーラー 看護師 福田

 ソフィアメディセミナー年会員様、ソフィアメディ社員はセミナーを動画でご視聴いただけます。残念ながら参加できなかった方も、ぜひ一度ご覧いただければと思います。
年会員様はこちら
社員はこちら

次年度の研修お申込みなどの先行案内はこちらで行いますのでぜひこの機会にぜひお申込みください。
http://www.hokan-e-parlor.com/mailmagazine/

次回のソフィアメディセミナーでは「認知症」を楢林 洋介先生にご講義いただきます。お申込みはhttp://www.hokan-e-parlor.com/event/event809/から行っております。


◆研修に関するお問合せ
教育・研修事業部 : 金杉
TEL:03-5773-5703

◆出張研修や講師派遣、経営支援のお問合せ
教育・研修事業部 : 篠木
TEL:03-5773-5703