★平成30年度 第3回ソフィアメディセミナー『食べたい!~嚥下困難者に対するケア~』を開催いたしました★


 梅雨が明けた7/7(土)am、曇天広がる七夕となった本日、在宅医療・訪問看護のサービスの質の向上を目指す看護師・セラピストほか精鋭専門職が100名近く集まり、「平成30年度 第2回ソフィアメディセミナー」を開催しました(*^-^*)
※本日もご来場誠にありがとうございます♪


 今回のテーマは「嚥下ケア」。
副題は「食べたい!~嚥下困難者に対するケア~」です。

新宿区歯科医師会の副会長を務め、在宅療養者の訪問診療は「多職種連携の治療」と位置づけ、在宅医療に携わっておられる、エビナ歯科医院 院長の蛯名勝之先生を、講師に迎えました。


 お客様の疾患や、原因に沿った嚥下困難者に対して、その環境と合わせながら「食べたい」「食べさせたい」について講義いただきました。

~本日の内容~
1、 在宅療養嚥下困難者の背景を把握する
2、 在宅療養嚥下困難者のケア
3、 在宅療養患者さんへの医療連携ポイント

 「食べたい!」と考えるお客様や「食べさせたい!」と考えるご家族に対して行う嚥下ケアですが、疾患によって嚥下が困難になる原因は異なり、アプローチが変わってきます。ケアといっても、「何をするの?」「誰がするの?」「誰に相談したらいい?」という目線から講義はスタートしました。

 嚥下困難になる理由の一つとして、肺炎が多くあげられますが、在宅でよくあがっている肺炎はウイルス性なのか誤嚥性なのか、を見極めることが重要になります。誤嚥性肺炎が原因となった場合には、「誤嚥性肺炎になったエピソードはなんなのか?」を見極める必要があります。

 食べ物の租借への注意はもちろんですが、蛯名先生は「小さな食べ物が少し入った程度では肺炎になりにくい」と語ります。誤嚥性肺炎の場合には、歯周病菌などが原因となっていることが多く、就寝の際などに汚れを飲み込んでしまい、うまく咳がでずに肺炎になってしまうことが多いそうです。

 そのため、歯周病の予防のための、歯磨きの重要性を強く語られました。歯磨きといっても、歯の表面だけではなく歯茎や付け根の汚れを落としていく必要があります。たとえ入れ歯で洗浄がうまく出来ていても、サイズがあっていないと食べづらくなり、また歯周病のリスクも高まります。「食べること」への意欲を減少させないためにお口の中の環境を良く保つことの大切さを改めて学べたかと思います。

 また、食事は口からとりますが、食事をするためには身体的な力も必要になります。食事前の身体的な運動と、口腔体操がどちらも行える言葉を選び、ポップな曲調に作成された「新宿ごっくん体操」を紹介していただきました。

 そして、食欲を軽減させないためにできる介助方法として、咀嚼や飲み込みにあった食形態かどうか、食事の形態や食器の色、機能の重要性があると語ります。「視覚的にも情報量が多すぎず、わかりやすい色や量を並べる」「たくさんの量にすくんでしまう方には小鉢を1つ出して、食べおわったら次を出す」など、その方に合った食事を提供してあげることも大切だとお教えいただきました。

 「食べさせたい!」と考えられるご家族様にもできるお食事の介助方法について、適量をお口の中の適切な場所に、お口の状態を見てとろみをつけるなど補助を利用することや、逆流の防止のため、


しばらくは座って休むことが必要といった、食後のアフターケアについても詳しく、丁寧にお教えいただきました。

 ソフィア社内外から集まった100名程が、原因に沿った疾患別の対応、介助方法、DVD等を使用したわかりやすい講義に、食い入る様子で聞き入っていました。

 歯科医目線での咀嚼、歯周、嚥下の機能についての講義は、改めて理解を深める場ともなり、会場からも終始、納得の声、感嘆の声、たまに笑い声⁉︎と、活気のある雰囲気の中、時間いっぱい会は進行しました

 講義の中で、蛯名先生は、「口の中というのは「針小棒大」な場所である。文字通り針のような小さなものでも、棒のように大きく感じてしまう」という教えを共有してくださいました。基礎的な知識をもちながらも個人の主張に寄り添い、個々に柔軟な対応ができるプロフェッショナルになるための方法を学べた本日の講義は、今後の訪問活動の大きなヒントになったのではないでしょうか?

 ※ソフィアメディセミナーでは、在宅医療に携わる多職種の方を対象に、業界レベルの底上げを目的に、実践現場に特化したメニュー、講師を招致し「お手軽な受講料」で提供しています。さらに、WEB会員様においては、セミナー内容(講師より許可をいただいている研修に限る)をWEB上でノーカット視聴することができます。この機会にぜひお申込みください(*^^*)!

http://www.hokan-e-parlor.com/register/

★今後ともセミナーレポートをお楽しみに★
今年度も皆様のご参加心よりお待ちしております(*^-^*)!
————————————————————————

【お得な回数券のご案内】
Web会員3,500円 (一般6,000円)
→WEB会員登録はこちら
 http://www.hokan-e-parlor.com/register/

→ソフィアメディセミナーの回数券のお申込みはこちら
 http://www.hokan-e-parlor.com/tickets/

————————————————————————

【平成30年度 ソフィアメディセミナー】
http://www.hokan-e-parlor.com/sophiamedi-seminar/
※講師敬称略

<特別企画セミナー>
7/21  個人情報及び、著作権法について
 (坪井・岡部法律事務所 岡部 鉱平)

④ 8/18 平成30年度制度改定のポイント 
~制度改定から読み解く訪問看護の本質~
 (公財)日本訪問看護財団 常務理事 佐藤美穂子)

⑤ 9/ 8 フットケア ~足を守ろう!~
 (下北沢病院 菊池守)

⑥10/20 家族看護part2
 (金沢大学 柳原清子)

⑦11/17 知っておきたい拘縮予防・改善のケア
 (大起エンゼルヘルプ 田中義行)

⑧12/ 8 その浮腫みどうしてる?
★研修後、会員限定「特別企画」実施予定★
 (アロマ看護ケア 永杉彩)

⑨ 1/19 やってみよう! 精神科訪問看護
 (聖路加国際大学 萱間留美子)

⑩ 2/16 在宅で役立つお薬の話
 (北里大学 近藤留美子)

⑪ 3/ 9 福祉用具~正しいマットレスの選び方~
 (ウエル・カムサポートセンター 熊谷佐智子)

==============================

◆研修やセミナーについての問合せ
 クオリティ・マネジメント部:金杉
 TEL:03-5773-5703
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
 クオリティ・マネジメント部:篠木
 TEL:03-5773-5703
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
 訪問看護に関わるスタッフの
 教育・研修に特化したWEBサイト。
 訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します☆

HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com