★H30年度第3回フォローアップ技術研修<実践編>「呼吸リハビリテーション①」を開催しました★

本日は、第3回目の<実践編>として「呼吸リハビリテーション①」を開催致しました。

例年開催している本テーマですが、開催希望が非常に多く、今年度は日程を追加し定員を増員!より多くの社員が、座学と実技を通して深い学びを得ることを目指します。

今回講師を務めたのは、3学会合同呼吸療法認定士を持つ呼吸リハビリテーションのスペシャリスト、理学療法士の佐々木 綾子さん(ソフィア訪問看護ステーション雪谷)です。





まずは座学で、呼吸リハビリの定義や内容、呼吸のメカニズムを学びました。 また「身体のどこに作用しているのか」を知るために、解剖学の知識も欠かせません。 講義を聴きながら、自らの鎖骨周辺や肋骨に触れる参加者の姿が多く見られました。

実技では、ペアを組み、お客様役とスタッフ役を体験。 佐々木PTの手本を見逃すまいと、場所移動をしながら、真剣な眼差しで見つめていました。

ペアになると、会場はとても賑やかに♪コミュニケーションを積極的にとりながら試行錯誤をする中、お客様役の参加者からは「なるほど~!!」の声も。 実際にお客様になりきることで、どのようにケアをしたら良いか、一人一人体感することができたかと思います♪


呼吸リハビリは、お客様の呼吸のリズム、苦しさや痛みがないかを気にかけながら行うことが大切です。 スタッフ役とお客様役の双方の体験は、より深い学びに繋がったのではないでしょうか。

佐々木PTは各ペアをまわり、手を添えながら一人ひとりに指導をしてくださいました。 その丁寧な指導に四方八方から声をかけられ、大人気!
参加者に応えるべく、会場内を駆け巡ってくださいました。




呼吸リハビリを始め、在宅でのリハビリテーションには、専門職がチームとなって取り組まなければなりません。 本研修には、理学療法士、作業療法士だけではなく、同じセラピストの言語聴覚士、そして看護師と幅広い職種のスタッフが参加しました。

こうした専門職の連携を強みとしているソフィアメディ(株)ですが、本日の研修を通してさらに強化できたのではないでしょうか?本日の学びをぜひ、明日からの訪問に活かしてください(*^^*)!

ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。 専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。

今後も、訪問看護・在宅医療・介護に関係する技術的なセミナーだけでなく、お客様・地域の皆様から信頼し続けていただけるよう、スタッフの研鑽を積んでまいります!

<今後の研修案内はこちら↓>
●イベント案内
http://www.hokan-e-parlor.com/events/

●8/18(土)ソフィアメディセミナー
平成30年度制度改定のポイント
~制度改定から読み解く訪問看護の本質とは~
http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4701/
=================================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-5773-5703

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
クオリティ・マネジメント部:篠木

TEL:03-5773-5703
◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します。
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com