ご本人・ご家族のニーズを明確にし、真の共通ゴールを設定!「関わり方の難しさからの脱却」について学びました!

爽やかな秋晴れとなった10/20(土)am、今回も在宅医療・訪問看護のサービスの質の向上を目指す看護師・セラピストほか精鋭が80名近く集まり、「平成30年度 第6回 ソフィアメディセミナー」を開催しました(*^-^*)

※本日もご来場誠にありがとうございます♪

今回のテーマは『家族看護Part2』についてです。講師を務めたのは、著書執筆も多数、看護師・社会福祉学博士でもある、柳原 清子 教授(金沢大学医薬保健学域保健学系看護科学・家族看護学/がん看護学)です。

柳原先生は主研究テーマを「がん・終末期・家族」としており、CNS(専門)看護師教育を通じて、実践家が持つ臨床知探索と在宅を含む看護臨床における揉め事(コンフリクト)を解決していけるスキルの開発が重要」と考え、家族ケア研究所と共同で「渡辺式家族アセスメント/支援モデル」の開発に携わっています。

今回は、昨年開催したソフィアメディセミナー「家族看護」の続編として、前回を少し振り返りながら、「家族支援」「在宅ケア現場と家族」について、掘り下げた内容をご講義頂きました。

講義に入る前に柳原先生から「講義が終了する12:30の自分を想像してください」との教示がありました。受講者からは、「在宅における家族看護を1つでも多く習得できている」「ご家族に対しての対応を学ぶ」などの声があがり、各々が本日の研修に対し、明確な目標を抱きながら、講義は進行していきました。

昨今の高齢者増に比例して、在宅でのケアを選択される方も増えており、その中でご家族様のご協力がなくては在宅でのケアは難しくなっているのが現状です。それ故に家族支援スキルが重要であり、家族アセスメント力が必須になります。

講義の前半では、家族アセスメント力の必要性について事例を基にワークを行いました。分析シートを用いて、家族分析し、その後、仮題(問題)の明確化をしていきます。明確化するには4つのステップがあり、登場人物になりきることでそのステップを学びました。


その上でニーズをしっかりと理解(わかってほしい情緒的支援、してほしい手段的支援)し、ご本人・ご家族のニーズのズレを修正し、真の共通ゴールを設定します。

分析の他にも、家族アセスメント/支援モデル、家族システムについても詳しく解説いただき、在宅医療に携わる私たちが、誰に焦点をあて、その人の持つ「状況」と「対処」に注目することが出来るか?そして、「問題」ではなく「解決」に対してどうすればいいか「手段・方法」をお教え頂きました。

今回紹介して頂いた「渡辺式家族アセスメント/支援モデル」について、柳原先生は、特に、関わりの難しい場面・揉め事(コンフリクト)場面の分析に威力を発揮すると仰いました。

そして講義終盤には「9:30の時、想像した自分から変化がありましたか?」との教示に、受講者からは、「早速、俯瞰してみることを実践してみようと思った」「考えていくときにピックアップしていくことが大事だと感じることができた」と目標に対して、納得感を得られたという声が多く上がりました!

受講者からもらった日常的な事例をもとに分析・考察をしたこともあり、充実の3時間の内容だったのではないでしょうか(*^^*)?

今回のセミナーも、ぜひ実践現場で役立てて頂ければ幸いです。

本日の詳細はこちら↓(資料掲載中!)
http://www.hokan-e-parlor.com/register/

※ソフィアメディセミナーでは、在宅医療に携わる多職種の方を対象に、業界レベルの底上げを目的に、実践現場に特化したメニュー、講師を招致し「お手軽な受講料」で提供しています。
さらに、WEB会員様においては、セミナー内容(講師より許可をいただいている研修に限る)をWEB上でノーカット視聴することができます♪

http://www.hokan-e-parlor.com/register/
★今後ともセミナーレポートをお楽しみに★
今年度も皆様のご参加心よりお待ちしております(*^-^*)!
———————————————————
【平成30年度 ソフィアメディセミナー】
http://www.hokan-e-parlor.com/sophiamedi-seminar/
⑦11/17 知っておきたい拘縮予防・改善のケア
(大起エンゼルヘルプ 田中義行)
⑧12/ 8 その浮腫みどうしてる?
(アロマ看護ケア 永杉彩)
★研修後、会員限定「特別企画」実施予定★
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
クオリティ・マネジメント部:廣瀬
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します☆
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com