WOC通信♪ No.2「男性必見‼実は怖い光老化」

 こんにちは。ご無沙汰しております。とうとう梅雨入りしましたね。そして、梅雨が明ければ、いよいよ夏本番‼そんな夏を前に、今日は「光老化」のお話をしようと思います。

 皆様は「光老化」という言葉をご存知でしょうか?「光老化」とは、多くの女性が気にしている紫外線がもたらすお肌の老化のことです。紫外線を浴びると、シミやしわという文字が一番に浮かぶ人も多いと思いますが、実は、もっと恐ろしいことが…。

 皮膚が3層構造になっているのは皆様もご存知の通りですが、光老化に一番関係するのは真皮です。真皮には、神経や血管、汗腺などが存在すると同時に、肌のハリや弾力を保つための繊維芽細胞が存在します。よく耳にするコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸はここで作られています。

 紫外線には、この繊維芽細胞を破壊する威力があるのです。老化とともにコラーゲンなどが自然に減っていく生理的老化の場合は、細かいシワを生じる程度で済みますが、「光老化」になると、深く目立つシワが生じてしまいます。深いシワができると聞くだけでもぞっとするのですが、それだけではありません!

 訪問の現場で、ちょっと触っただけでも皮膚がめくれてしまうお客様に出会ったことはありませんか?実は、これも「光老化」が関係していると言われているのです。

 繊維芽細胞が破壊されコラーゲンやエラスチンが減ってしまうと、表皮と真皮の結合が弱くなってしまい、ごくわずかな刺激(摩擦やずれ)でも皮膚を損傷してしまいます。これをスキン-テアと言います。

スキン-テアについてはこちらを参照  ※ケアではなくテアです。
      ↓↓
http://www.jwocm.org/pdf/best_practice.pdf

 紫外線対策を何もせずに訪問している皆様。将来、痛~い目に遭わないためにも、今からしっかり予防しましょう!予防のポイントは、サンスクリーンつまり日焼け止めです。いろいろな商品が出ていますが、「光老化」の予防には、SPF20~30程度、PA++程度でも十分なようです。ただし、こまめに塗りなおすことが重要となりますので、面倒くさがらず塗ってくださいね。また、食事にビタミンC、E、βカロテン、ポリフェノール類が多く含まれたものも取り入れていただくのも有効です。

 すでに、紫外線の量は真夏と変わらない量まで達しています。皆様の将来のためにも、ぜひ今日から紫外線対策を‼

皮膚・排泄ケア認定看護師
福田 夏香