研修コラム【準備】~良質な技術、知識をお届けするために~

 こんにちは、ソフィアメディ株式会社の金杉です。
 最近、朝晩と冷え込みが厳しく、お布団の恋しい季節になりましたね。お布団は恋しいですが、寒さに負けずお客様宅へ訪問されている皆様へ、お役に立てる研修を運営する為、今日も元気に勤務しております!

 先に出てしまいましたが、私が所属している部署は「教育・研修事業部」という名称で、主に、在宅医療に特化した研修を企画、運営しております。弊社に勤務されている専門職の皆様への社内研修はもちろんのこと、在宅医療業界の底上げの為に様々な研修を開催しております。

 本日は、教育・研修事業部が行っている研修の「準備」についてお話し致します。

 皆様、お出かけするためにお化粧をしたり朝ご飯を食べたり、翌日すっきり目覚めるためにストレッチをしてから就寝してみたり、日常のあらゆる場面で準備をされているかと思います。ちょっとしたことをする時にも自然と行っていることも多いのではないでしょうか?

じゅんび【準備】-( 名 ) スル
あることをうまく行うために、前もって仕度すること。〔類義の語に「用意」があるが、「用意」はある物事を行うために必要なものなどをそろえる意を表す。それに対して「準備」は物事がうまく運ぶように前もって環境や態勢などを整える意を表す。(引用:大辞林 第三版/三省堂)

 辞典を引いてみると上記のように掲載されております。「準備」と一言でまとめると、自然と行っていることのようですが、研修の場合は少し違っています。

 弊社には訪問看護ステーションに併設した研修ルームを用意しており、様々な備品もそろっております。(http://www.hokan-e-parlor.com/column/column68/)「こんなにそろっているならこれでいいか!」と思いきや、実は準備はここからが大切です。開催する研修の内容、参加者数に応じて使用する会場や物品を随時選定していきます。資料、プロジェクター、スクリーン、筆記用具…想定できる範囲内のものを一通りそろえたところで「もうこれで十分!」…かと思いきやまだまだです。皆様が目の前のお客様の事を常に考えながらケアを行うのと同様に、私たち教育・研修事業部は皆様の目線になり準備を行います。

 研修内容にあった資料印刷、配置、物品を用意して、本当に皆様が研修に集中できるのか?より理解を深められる場にする為にはどう設営したらよいのか?時には参加者席から周りを見渡し微調整しながら研修を迎えます。そして研修が終了した後は、部署間はもちろんFacebook研修後記として共有し、改善点など次回の研修に活かせるようまた準備を始めます。

 研修は80%が準備で決まると言われております。何事も準備段階で100%仕上げることはできません。毎回毎回変化していきながら、研修内容に沿った準備を行うことが大切だと感じています。

 これからも皆様に良質な技術、知識をお届けするために、責任をもって研修の準備を行ってまいります。ぜひ一度、弊社研修へ足を運んでいただけますと嬉しいです。

教育・研修事業部 金杉