研修コラム~私が入社して驚いたこと~

 皆様はじめまして! ソフィアメディ株式会社の吉田と申します^^
 今年もいよいよ後僅かとなりましたね。

12月は「師走」と呼ばれるくらい忙しい日が続く月ですがいかがお過ごしでしょうか。
今年の仕事を片付けたり、大掃除をしたりと、年末に向けて慌ただしい毎日を送られていることでしょう。

 さて、今回は「私が訪問看護の会社に入ってびっくりしたこと」についてお話しようと思います。

 実を申し上げますと、私は今年大学を卒業したばかりの社会人1年目。

元々は福祉系の仕事を希望していたのですが、縁あって今の会社と出会い、訪問看護の業界に飛び込みました。

 飛び込んでみて驚いたのは看護師やセラピスト等、専門職の皆様が「仕事に対してとても真摯である」ということ。

お客様はどんな暮らしを望まれているのか?お客様の立場にたって寄り添うことを皆大切にされていらっしゃいます。

 そんな皆様向けに弊社では更なるサービスの質向上を目標としてセミナーを開催しておりますが、平日の就業時間後や休日セミナーにも関わらず大勢の専門職の方々が集まることにびっくりしました。最近では、毎回募集人数よりも応募人数が上回り、会場変更を行うこともしばしば。

 一度、なぜ研修に参加されるのか参加者の方に聞いたことがあります。
返ってきた答えは

「それが当たり前だから。」

 すべてはお客様のため。
専門職皆様の勉強熱心さに私はただただ頭の下がる思いでいっぱいです。

 今年度のセミナーも残すところあと3カ月。
 すでに来年度のセミナーにむけて少しずつ動き始めています。

 皆様に満足してもらえるセミナーを運営する為、今度とも頑張って参ります。

 冷え込みの厳しい季節ですがお身体には気をつけてお過ごしくださいね。
 またセミナーでお会いしましょう!

教育・研修事業部 吉田