ある訪問看護師のつぶやき⑧【お雑煮とカレーと哲学】

新しい年が始まりました。今年も皆様にたくさんの笑顔が生まれますように。もちろん私にも。

年末に「お正月休みにしたい事」をいくつか考えていました。でも、結果は寝正月でした。赤ちゃんではないのにどうしてあれほど眠れるのか、不思議でなりません。
ひと月前に新幹線のチケットを購入した時点で帰省の準備は終わった気分でしたので、忘れ物だらけで寝るしかなかった、というのが正直なところです。読みたい本は買いに行けず、ノートPCの調子が悪く、しかも化粧品を忘れるという失態。初詣も初売りも休み明けの週末に持越しです。こんな調子で一年をスタートさせました。

何十年も自覚していることですが、いざ動こうとスタートラインに立つのがいつも半日遅れになる私。でもそれを変えようと期待も希望もしていません。なぜなら、私は自分大好きナースだから。
昔、動物占いというのが流行りました。私はコアラ。(進化版ではコアラの中のコアラ!)ぼぉ~っとしている時間が何より好きです。そういえば、コアラの睡眠時間は20時間だとか!今年も変わらずにこの性格を維持したいと思いました。ですが、世の中の動きや変化、これにはしっかり食らいついていかないと、取り残されてしまいます。一人でぼぉ~っとするのが好きなのと、変化に気づかずぼぉ~っとするのとでは違いますからね。さまざまな環境の変化に気を向けて生きていかなければ、と改めて思ったお正月でした。

ぼぉ~としながらも、母の作るお雑煮を食べて2日目の夜にはやっぱりカレーが食べたくなります。することがないという環境も私には大事で、目の前で起こること、目に入る情報からいろいろ考えます。「いい社会」「いい仕事」という文字を見た時、それってどういうことだろうと思いました。
「それはなぜ」「何のため」「誰にとっての価値?」「面倒臭い」って、それ以上前に進まなくなるところ、これまでたくさんありました。でも、今年はもう少し前へ進めるよう責めてみようと思います。乞うご期待!今年も宜しくお願いします!!

訪問看護師 なおこ