ある訪問看護師のつぶやき④【お国柄】

%e2%91%a3こんにちは。今年も残り数日となりました。どんな一年でしたか?大きなことから、忘れてしまった出来事までいろいろありました。今年成長したことは何ですか?感謝する人は誰ですか?ちゃんと、ありがとうを伝えて今年を終えたいですね。
問題や課題を抱えながらの年越しは毎年のことで、新年は解決へ向けての勇気が湧いてくる良いきっかけになります。そして進歩のための新たな課題・目標を定めてスタートを切る、わくわくした時期でもあります。

プライベートは海外旅行でリフレッシュした方も多いのでしょうね、この業界!近頃は個人旅行がメインなのでしょうが、昔はツアーの海外旅行では必ずと言っていいほどナースのグループと遭遇してました。空気でわかっちゃったものです!
異国で地元の方の対応に戸惑うことよくあります。日本に旅行にいらした外国人の方の振る舞いにびっくりすることもある今日この頃・・。もっと親切に教えてくれてもいいじゃん!とか、気配りが足りないな、とか、うるさい!とか。でも、その国ごとに環境や教育、しつけ、考え方が違う、と認めることできますよね。そう、今回のテーマ「お国柄」だからと、価値観が自分とは違っても、それをすんなりと受け入れることができます。

さて、その思い、職場ではどうでしょう。迎えた新しいスタッフや、うまくチームに溶け込んでないと思われるスタッフにも、お国柄ならぬ、お人柄だから、と認めることも大事だなと思います。イライラせずにね。ただ、お客様(患者様)の命と向き合う私たちの仕事、スタッフを育てるには厳しさも大事。個人の価値観を尊敬しつつ、厳しく指導ではなく、「自分に厳しく」を身につけてもらえるよう教えること、なーんて今年は強く思ったのでした。

来年はどんな年にしましょうか?3日坊主とわかっていても、好奇心旺盛な私としては、いろいろやりたいことが浮かんできます。このエデュケーションパーラーの仲間を増やして、もちろん実際会う機会も作って、語り合いたい!
皆様、本当に多くの皆様、2016年、ありがとうございました。そして2017年、すべての人の飛躍の年になりますように。
来年もよろしくお願い致します!!

訪問看護師:なおこ