転倒・転落事故の予防と対応

このイベントは終了しました
開催日 2017年6月14日(水)
開催時間 10:00~16:00
場所

振興会セミナールーム

参加費

一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円

~利用者さんが目の前で転倒!どうしますか?~

介護の現場で起る事故の8割は転倒・転落事故です。
現場で利用者さんが転倒・転落した後、本人の強い訴えがなく、しばらくしてから骨折だったこと等が判明し、大騒ぎになったことなどありませんか?
本講座では、転倒・転落事故が起こる要因からリスクを見つけ事故を防止する知識と考え方。万が一事故になってしまった時には、現場の状況から受傷状況等と予測し、適正に医療スタッフにつなげるための知識と方法を実践的に学びます。

≪カリキュラム≫
◆転倒・転落事故が起きる背景と仕組み
職員・利用者の状況
高齢者の身体の構造
事故報告・状況報告ルール
◆転倒・転落事故の要因
管理・ソフト・環境・利用者の状況からの要因分析
◆日常業務に潜むリスクと事故の予測
(自分の現場を振り返ってみましょう)

◆外傷に関する基礎知識
外傷確認と初期対応のポイント
痛みの場所や姿勢から受傷を予測
事故時のスタッフの対応
◆介護現場のヒヤリハット事例から
対応方法を学ぶ (演習)

【講師紹介】
渡邊 信介
医療法人財団 百葉の会 介護保険施設 鶴舞乃城

作業療法士・介護支援専門員・介護保険審査会委員
「生活を支える・変える」ことが出来る作業療法士を目指して、
平成19年に鶴舞乃城に転職。平成25年度より事務長となる。
県外でも講師活動を行っており、理解しやすい指導に定評がある。