認知症ケアに役立つ「ひもときシート」活用法

このイベントは終了しました
開催日 2017年7月25日(火)
開催時間 10:00~16:00
場所

振興会セミナールーム

参加費

一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円

「ひもときシート」とは、日常の認知症ケアを「援助者(家族、介護者)」本位から「利用者」本位への思考の転換を行うツールです。 日常のケアでの関わりの中で、利用者様の言葉や行動の意味を理解することにより、ご本人が本当に望んでいることを見出し、ご本人の気持ちにそった対応方法を導びいていくためのツールです。 利用者本人視点とした認知症ケアの実践のために・・・「ひもときシート」について学んでみませんか?
(※)「認知症介護研究・研修東京センター」で開発され、認知症ケアの研修にて利用されています。
≪カリキュラム≫
「ひもときシート」を理解しよう!
■「ひもときシート」の基本的な考え方
・その人への理解と関わり方について
・ひとり一人に向きや合うということとは!?
■「ひもときシート」のガイドライン
■「ひもときシート」の活用例について
■「ひもときシート」をケアに活かすために

ひもときしてみよう!
■「ひもときシート」の記入方法
・介護観の変化と気づきを実感する
■身近な事例からひもといてみる
・入浴拒否 ・暴言  ・帰宅願望 
・徘徊  ・睡眠障害 ・抑うつ etc

【講師情報】
神田けい子

神奈川県介護支援専門員専門Ⅱ研修
川崎市認知症介護実践者研修、リーダー研修講師 、介護職員初任者研修、
現任研修講師、川崎市訪問介護員養成研修2級課程講師ほか