第18回 日本早期認知症学会学術大会

このイベントは終了しました
開催日 2017年10月14日(土)・15日(日)
開催時間 14日 9:00~18:20、15日 9:00~16:30
場所

KFCホール

参加費

認知症患者の社会参加をサポートする~地域でいかに取り組むか考えよう~

特別講演

特別講演1:アルツハイマー病に対する免疫療法の開発状況と機能性食品による補完
第1日目 10月14日(土) 第1会場 11:30〜12:00
座長:工藤 千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック)
講師:田平  武(順天堂大学大学院認知症診断・予防・治療学講座)

特別講演2:認知症(AD,DLB,FTD)の診断:学際的アプローチ(バイオマーカーを中心に)
第1日目 10月14日(土) 第1会場 15:20〜16:20
座長:石垣 泰則(大会長 コーラルクリニック)
講師:徳田 隆彦(京都府立医科大学分子脳病態解析学)

特別講演3:認知症患者さんのための地域医療連携と在宅生活支援
第1日目 10月14日(土) 第1会場 15:20〜16:20
座長:犬塚  貴(大会長 コーラルクリニック)
講師:徳田 隆彦(京都府立医科大学分子脳病態解析学)

教育講演

教育講演
第1日目 10月14日(土) 第1会場 11:30〜12:00
座長:小林 清市(小林脳神経外科)
講師:粟田 主一(東京都健康長寿医療センター)

シンポジウム

シンポジウム1:早期診断と地域包括ケアシステム
〜認知症疾患医療センターとの連携〜
第1日目 10月14日(土) 第1会場 9:00〜11:00
座長:柴田 展人(順天堂大学医学部精神医学教室)
品川 俊一郎(東京慈恵会医科大学 精神医学講座)
演者:タイトル
認知症疾患医療センターとの連携
池田 学(大阪大学大学院医学系研究科 精神医学教室)

相模原市認知症地域連携パス『支え手帳』と看護職者の役割
小山 幸代(北里大学看護部)

認知症の早期診断結果に基づく治療アプローチ
重森 健太(関西福祉科学大学保健医療学部)

東京都の認知症施策について
上野 睦子(東京都福祉保健局高齢社会対策部)

認知症早期診断時代:地域連携における課題
繁田 雅弘(東京慈恵会医科大学 精神神経科)

大会長特別企画:FTD患者への今後の在宅医療・介護シンポジウム
第2日目 10月14日(土) 第1会場 16:20〜18:20
座長:石垣 泰則(大会長 コーラルクリニック)
奥山 惠理子(浜松人間科学研究所)

共催セミナー

ランチョンセミナー1:認知症初期集中支援チーム事業と認知症リハビリ
第1日目 10月14日(土) 第1会場 12:10〜13:10
座長:宮嶋裕明(浜松医科大)
演者:旭俊臣(旭神経内科リハビリテーション病院)
共催社:エーザイ株式会社

ランチョンセミナー2:次脳機能障害と認知症~ICTによる評価システムの有用性~
第1日目 10月15日(日) 第2会場 12:10〜13:10
座長:田平  武(順天堂大学大学院認知症診断・予防・治療学講座)
演者:橋本 圭司(はしもとクリニック経堂、国立成育医療研究センター)
共催社:株式会社トータルブレインケア

市民公開講座

認知症に立ち向かうためのシンポジウム
第1日目 10月15日(日) 第1会場 15:00〜16:30
座長:尾﨑 治夫(東京都医師会会長)
演者:新田 國夫(全国在宅療養支援診療所連絡会会長)

合同開催
第22回日本神経精神医学会
会長:一宮 洋介(順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター