小規模多機能の完全理解と開設運営ノウハウ習得講座(3カ月 6回コース)

このイベントは終了しました
開催日 2017年 10月3日(火)~2017年 12月5日(火)
開催時間 2017年 10月3日(火) 13:00~17:00            2017年 12月5日(火) 9:00~16:00
場所

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
東京都 中央区 銀座 7-2-22 
TEL:03(6228)5995

参加費

HMS会員   135,000円(法人・個人会員)
   〃    142,500円(会報誌購読会員)
一   般   150,000円
単独参加(1日)  28,000円

定員 20名(先着順)

参加対象者 /
小規模多機能型居宅介護の開設準備室担当者、経営者・経営幹部他
※同業者(コンサルタント等)の方の参加はご遠慮願います。

※参加料には資料・飲食代を含みます。
※毎回、パソコンを持参願います。
※希望者は講座の前後の時間に無料相談が受けられます。

地域包括ケアの実現を担う小規模多機能の新規開設スケジュールに合わせ、効果的な開設準備と運営ノウハウを完全習得する実践講座です!!
講座毎に法人の事業計画推進を目的とする課題解決を並行に進め、地域分析、収支計画、営業計画を立てるためのエクセルシートをデータで配布!!

新規開設のみならず既存運営事業者に大好評!! サービスの品質向上と業績を構築する
小規模多機能型居宅介護の効果的な開設と運営管理の進め方

~小規模多機能の制度・報酬の正しい理解から、開設準備(事業構想、事業計画、マーケティング、公募プレゼン、立地選定、コンセプト、建築設計デザイン、備品購入、補助金申請、人材募集、採用、教育研修、地域広報、内覧会、行政対応他)とオープニングの具体策~

これからの地域包括ケアシステムの中核を担うとされる小規模多機能型居宅介護。2006(平成18)年に創設され、すでに10年が経過しておりますが、2015年介護報酬改定に伴い、加算の新設や登録定員増となったことで増収・増益に転じた事業所も多く、これまでの運営が難しいとされるイメージがだいぶ払拭され、今後の開設を検討したいという事業所が増えております。また、本年5月には「地域包括ケア推進研究会準備委員会」から、2018年4月施行を目指した「新型多機能サービス」の構想が示され、まだ提言の段階とは言え、これからの地域包括ケアの在り方、あるいは、小規模多機能の重要性を一層高める内容として高い関心が寄せられています。本講座では、今後益々期待される、小規模多機能型居宅介護の開設に向けた準備、すなわち、各市町村で行われる公募の仕組みから立地やハード面での工夫、指定申請の方法、補助金の概要、開設前の準備、内覧会の開催方法、制度の趣旨と詳細の理解、そして、他の居宅サービス等とは様々な面で異なる収支構造や営業方法、単月黒字の達成、通い・泊まり・訪問の業務の管理、ケアマネジメント、職員育成方法など、モデル書式の提案や様々な演習を通じて、新規開設から運営までの流れを習得し、実践的で具体的な考え方とノウハウを6回コース(1泊2日延べ6日間)にてじっくりとご指導いたします。本講座を受講しながら、おおよその準備が完成出来るように解り易く指導してまいりますので、これから小規模多機能の開設を控えていらっしゃる開設準備室ご担当や、既に小規模多機能を開設し運営していても収支やサービス内容、職員育成で課題をお持ちの経営幹部の皆様のご参加をお待ちしております。  榊原宏昌

【講師紹介】
保健・医療・福祉サービス研究会 ケアマネジメント・介護事業指導講師
天晴れ介護サービス総合教育研究所 代表
榊原 宏昌 氏