障がい児とその家族に関わる専門職としての支援・助言の考え方~他機関(教育・福祉・リハビリテーション)との協働の視点を含めて~名古屋会場~

このイベントは終了しました
開催日 2018年7月8日(日)
開催時間 10:00~16:00 (受付9:30 ~)
場所

株式会社gene 本社 セミナールーム
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

参加費

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

ナースセミナーへ「3名以上」のグループでお申込いただくと通常の受講料12,500円(税込)のところ、お一人様 受講料10,000円(税込)にてご参加いただけます。

・ねらい
医療・福祉を必要とする子どもたちと関わる医療・療育・行政のスタッフが、子ども達の発達を保障する環境作りをするために協働する為のヒントを得る。

・講師
安井 隆光 先生
株式会社Loving Look 代表取締役・理学療法士・児童発達支援管理責任者
永井 杜椛 先生
くらしケア介護障がい相談センター / 株式会社くらしケア 取締役
保健師・看護師・相談支援専門員

・講義概要
医療・福祉を必要とする子ども達の発達を支えるスタッフ(医療・福祉・教育・保育・行政など)は、お子さんを取り巻く環境が能力発揮に大きく影響することを実感していると思う。

子どもの発達は、リハビリテーションの介入をしている時だけで起きているのではなく、むしろ日々の生活の中で様々な経験をして、その一つ一つが発達の糧となっている。
セラピストだけが発達を促すのではなく、子ども達が能力を発揮できる環境が発達を支えていく事になる。
環境を整えるために、多職種協働が必須であり、ご家族と共にお子さんの発達を保障していくチームになる必要がある。

この講義では、小児領域で活躍するスタッフ(医療・福祉・教育・保育・行政など)が、良環境を作る為に他職種を知る事、多職種での関わりを学ぶ事や家族との関わりについて、セラピストと相談支援専門員の立場からお話しすることとケースを通して皆で考える場としたい。

子ども・家族は一人ひとり違う為、正解があるものではないが、学術的な事柄やケースを通して考え方を共有し、ご家族・関係機関との良好な関係・環境構築の第一歩として頂きたい。

・プログラム
・医療・福祉を必要とする子どもたちの生活と進路
・セラピストと子ども・家族について
・相談支援専門員と子ども・家族について
・関係機関を知ろう
・ケース紹介・検討

【本セミナーについて】
グループワークを含みますので予めご了承の上、ご参加下さい。

※プログラムは追加・変更となる場合があります。