【かなふくセミナー】
困難事例から学ぶ!認知症ケアと対応技術

このイベントは終了しました
開催日 2016年12月9日(金)
場所

振興会セミナールーム(日土地山下町ビル9階)

参加費

会員:8,000円
一般:10,000円

‐今さら聞けない!?認知症高齢者へのケアと具体的な対応技術について…‐
痛みや辛さを訴えることが困難な認知症の人を支えるために、私たちができることとは!?
認知症の基礎知識はもちろんのこと、現在実施しているケアの振り返り、アセスメント…安心できる生活環境や食事などの予防的視点と地域連携を学び、ゼネラリストとしてレベルアップをすることがご利用者、ご家族、施設や法人にとってもプラスになります。

講師:六角 僚子
獨協医科大学 看護学部 在宅看護学領域 教授
看護師、保健師、介護支援専門員、老年看護学専攻、
日本認知症ケア学会第1回・2回石崎賞受賞
著書「高齢者ケアの考え方と技術」(医学書院)
「認知症介護 介護困難症例別ベストケア50」
「アセスメントからはじまる高齢者ケア」他

≪カリキュラム≫
■原因疾患別認知症
『疾患別の症状とケアのポイント』

■認知症ケアの原則
『専門家としてのケアのあり方』

■認知症ケアの考え方と日常生活援助技術

■認知症ケアでの困難事例のケア展開
『困難事例におけるアセスメントと苦痛の理解』

■認知症ケアに役立つアクティビティケアとは

■リアリティオリエンテーションとは
【講師:松岡佳美 (アクティビティディレクター)】
※参加型デモンストレーションを予定しております